レビトラというED治療薬は世界中で愛用

レビトラは世界中で愛用されるED治療薬です。ドイツの製薬会社によって2003年に発売され、日本では2004年に認可されています。
レビトラには即効性があり、あまり食事の影響を受けません。服用前にエネルギー量が700kcal以下で、脂肪分が30%以下の食事を摂取できます。
空腹時に水かぬるま湯で服用するのが基本です。食事を摂取した場合には、消化するまで2時間ほど待つと効果が高まります。
脂肪分の多いファーストフードなどを摂取した場合には、6時間ほど待ちます。

レビトラには即効性があり、空腹時に服用すると約20分で効果が現れます。
服用してから約45分で血中濃度が最大になるので、性行為の1時間前に服用するのが一般的です。
レビトラには5mgと10mg、20mgの錠剤が存在しますが、一般的なED治療では主に10mgと20mgが使用されます。
用量が多いほど強くペニスを勃起させることができます。効果の持続時間は10mgが約5時間で、20mgは約10時間です。
レビトラは即効性があるため、軽いめまいなどの副作用が生じやすいという特徴が存在します。

短時間でペニスを強く勃起させたい場合にはレビトラを選択するのが合理的です。
食事の影響もあまり受けないため、軽い食事であれば服用前に摂取できます。
レビトラは有効成分が血管を拡張して血流を促進し、ペニスを勃起させます。血管が拡張されると副作用として軽いめまいを生じる場合があります。
また血流の促進により頭部や鼻の粘膜、消化管が充血します。
頭部や鼻の粘膜、消化管の充血は頭痛や鼻づまり、消化不良などの原因となります。

レビトラにはめまいなどの副作用が存在しますが、症状は基本的に軽いので体に大きな負担をかけることはありません。
ただし硝酸剤などの医薬品を使用している場合や、直近6か月以内に心筋梗塞などの既往歴がある場合は服用が禁止されます。
他の医薬品を使用している場合などは、医師に相談する必要があります。
レビトラはED治療薬ですが、女性が服用しても基本的に問題はありません。

レビトラは女性が服用して安全?

レビトラは世界中で人気のあるED治療薬で、多くの愛用者が存在します。
男性は性的な刺激を受けると血液中の一酸化窒素が増え、血管が開いて血流が促進されます。
また血液中でサイクリックGMPという物質が増えて平滑筋が緩み、海綿体に血液が流れ込んでペニスが勃起します。
射精後はPDE5という酵素がサイクリックGMPを破壊して平滑筋を緊張させ、血流を制限して勃起を終わらせます。
レビトラにはPDE5の働きを阻害してサイクリックGMPを増やす働きがあります。

男性はレビトラを服用すると短時間で強力にペニスが勃起します。
一方女性のクリトリスにも男性のペニスと同じ構造があります。クリトリスは女性にとって最も重要な性感帯です。
ペニスと同じく性的な刺激を受けて海綿体に血液が流入することで勃起します。
女性がレビトラを服用すると海綿体への血流が増えてクリトリスが勃起し、性的な刺激を敏感に感じ取れるようになります。
また血流が促進されると膣分泌液の分泌量が増加します。

レビトラは男性用に開発された医薬品ですが、女性が服用した場合にも不感症を改善する効果が期待できます。
クリトリスが勃起して敏感になるだけでなく、膣分泌液の分泌量が増えることでスムーズにペニスを挿入できるようになります。
膣分泌液は潤滑剤の役割を果たしています。分泌量が少ないとペニスの挿入時に痛みを感じることがあります。
レビトラを服用し膣分泌液の分泌量が増えれば、ペニスを挿入する際の痛みを緩和できます。

レビトラには血管を拡張して血流を促進する効果があります。
そのため女性が服用した場合にも、軽いめまいなどの副作用が現れる可能性が存在します。
副作用は服用するレビトラの用量が少ないほど軽くなります。
レビトラを不感症の治療に使用する場合には基本的に自己責任となるので、用量や副作用に注意が必要です。