なぜアジア人向けなのか?ザイデナという薬

ザイデナは2005年に韓国で開発されたED治療薬です。
他のED治療薬はアメリカやヨーロッパの製薬会社が開発したため、日本人などアジア人には体質的に合わない場合もあります。
しかしザイデナは韓国で開発されたED治療薬なので、日本人を含めてアジア人に適しているとされます。
ザイデナは2005年に韓国で開発され、2008年にはロシアで認可されました。
その後は世界中に輸出されるようになっています。日本ではまだ未承認ですが、通販サイトを利用すれば個人輸入できます。

ザイデナは韓国だけでなく、日本やフィリピンなどでも人気があります。
日本人やフィリピン人などアジア人は、韓国人とも遺伝子的に共通した部分が多く見られます。
ザイデナは開発段階で韓国人のED患者に対して臨床実験が行われました。
同じアジア人である日本人には使いやすいED治療薬です。日本でも大手の製薬会社による治験が進められています。
2011年に韓国の製薬会社と日本の製薬会社が、有効成分ウデナフィルのライセンス契約を締結しました。

ザイデナの有効成分であるウデナフィルは、EDだけでなく前立腺肥大に対しても有効です。
日本の製薬会社による治験は前立腺肥大の治療を目的として行われており、承認後にED治療を目的として使用する場合には自由診療となります。
現在はまだ未承認の段階ですが、通販サイトを利用すればザイデナを個人輸入できます。
ザイデナには100mgと200mgの錠剤が存在します。一般的な通販サイトでは100mgの錠剤が扱われています。

未承認の医薬品の輸入と販売は法律で禁止されていますが、個人的に輸入する場合は合法とされます。
個人輸入の代行も、合法的に行なうことができます。
ただしザイデナは人気のあるED治療薬なので、在庫切れとなっている通販サイトも存在します。
インド製のジェネリック医薬品であれば、100mgの錠剤が1錠あたり約1000円で購入できます。

服用の時間で効果を最大化する

ザイデナはアジア人向けに開発されたED治療薬なので、日本人の体質に合いやすいという特徴があります。
有効成分のウデナフィルは即効性があるため、服用後30分ほどで効果が現れます。服用するタイミングは、性行為の30分ほど前が一般的です。
効果の持続時間は約12時間と長いので、服用のタイミングにあまり気を使わなくて済むというメリットがあります。1日の服用量は200mgまでとされます。
めまいや頭痛、消化不良などの副作用も存在しますが、あまり発症しないのが特徴です。

ザイデナの有効成分であるウデナフィルには血管を拡張する効果があります。
副作用として軽いめまいや頭痛などが生じる可能性が存在しますが、発症する確率は低いので問題はありません。
また発症しても症状は軽く、むしろザイデナが効果的に血管を拡張していることを証明することになります。
ザイデナは即効性があり持続時間が長いのに加えて、体への負担が少なくて済みます。また食事の影響を受けにくいという特徴が存在します。

ザイデナは服用前に食事を摂取してもあまり効果に影響がありません。
効果を最大にするには空腹時に水かぬるま湯で服用します。食後に服用する場合には、消化されるまで2時間ほど待つと効果的です。
脂肪分の少ない食事を少量摂取すれば、消化までの時間が早くなります。脂肪分の多い食事を摂取した場合には6時間ほど間隔を置きます。
水やぬるま湯だけでなく、適量のアルコールで服用することも可能です。アルコールにはリラックス効果があるので、ペニスが勃起しやすくなります。

ザイデナの効果を最大化するには、性行為の30分ほど前に空腹状態で服用します。
水かぬるま湯で服用するのが基本ですが、適量のアルコールで服用すればより効果的です。
ただし過度の飲酒は酩酊状態を招き、性行為を困難にするので注意が必要となります。
また服用後は血管が拡張され酔いやすくなっているので飲酒を控えたほうがいいでしょう。